低用量ピルの副作用

常用することで太る?低用量ピルの副作用のナゾ

投稿日:

低用量ピルは、服用することで避妊できるだけではありません。内膜症などで患う激しい生理痛の改善や、月経前症候群の軽減など、女性にとって有益な薬です。

しかし、一方で常用していると太るという噂もあり、敬遠されてしまう人がいるのも確かです。生理痛の改善と体重の増加、女性にとってどちらも悩ましい問題です。低用量ピルを服用することで太るというのは本当なのか、本当だとすれば、原因は何なのかを調べてみました。

低用量ピルとは

低用量ピルとは
女性ホルモンが含まれる薬で、一日一回の服用で排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えることができます。正確には、含まれるホルモンはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンです。これを含む低用量ピルを服用することで、脳下垂体は「妊娠した」と錯覚します。

この結果、排卵を促すのに必要な黄体化ホルモンの分泌が抑制され、卵巣は排卵することなく休眠状態になります。卵巣を休めることができるので、チョコレート嚢胞などの治療として使用されることもあります。

低用量ピルを服用すると太るのか

最近の臨床試験において、低用量ピルを服用した人とそうでない人の体重の増減を比べた結果、さほど大差がないという結果が出ました。つまり、低用量ピルを飲んだからといって、太るということはないということです。

しかし、一方で「ピルを飲むようになって、太ってしまった」という声は確かに一定数あります。それはなぜなのでしょうか。

低用量ピルを服用すると身体の保水力が高まってしまう

低用量ピルで保水力が高まる
ピルに含まれるエストロゲンは体内のナトリウム貯留を増加させてしまう効果があります。ナトリウムが体内に増えると、水を溜め込みやすくなってむくみになってしまいます。

本来は、エストロゲンは保水力をキープして皮膚などの老化を抑える働きもするホルモンです。しかし、この場合、ピルに含まれるエストロゲンの影響で保水力が高まってしまい、そのことで過剰なむくみが起こり、痩せにくく感じてしまう現象が起こっていると考えられます。

普段であれば、保水力が高まるのは喜ばしいことですが、ピルのように人工的に高まってしまった保水力は運動や半身浴をしてもむくみが改善されにくくなってしまいます。

食欲増進が促されてしまう

低用量ピルの種類によっては、食欲を減らしたり、逆に食欲増進してしまうという副作用が報告されるものもあります。前述の通り、低用量ピルを服用すると脳が妊娠している状態であると錯覚してしまうので、妊婦のように保水力が高まってしまったり、食欲増進してしまうのではないかと考えられます。

しかし、人によってはこれも妊婦のようにつわりのような症状が出て逆に食欲がなくなり痩せたというケースもあります。ですので、ひとくくりにピルの服用で保水力や食欲増進をしてしまって、必ず太ってしまうとは言えないのです。

体調が良くなって食欲増進するケースもある

低用量ピルを飲むことで、子宮内膜症からくる生理の激痛や月経前症候群が改善されるのは前述の通りです。人によっては、ピルがきちんと効くことで月経前症候群などの症状がなくなり、体調が良くなることで食欲増進してしまう事もあります。
いつも通り食べているつもりでも、食欲増進によって食べ過ぎてしまっているかもしれません。

体重増加につながらない為に必要なこと

半身浴をして食事のコントロールをすることが大切
低用量ピルを服用することで太る原因として考えられるのは、保水力が高まったことによるむくみと、偽妊娠効果や体調が良くなったことによる食欲増進だと述べました。では、これらをどうやって改善すればいいのでしょうか。

低用量ピルは、ずっと飲み続けることで効果を発揮しますから服用をやめるわけにはいきません。飲んでいる間はずっと保水力が高い状態にあります。保水力そのものを減らすことはできないので、むくみの対策をするしかありません。おすすめは半身浴です。
かなり汗をかくのでむくみを大幅に改善できますし、冷えも改善されるので生理が辛くてピルを飲んでいるならさらなる生理痛の改善も期待できます。

次に、食欲増進ですがこれは食事をコントロールするしかありません。
食欲増進によって普段より食べてしまうなら、その分を運動で消費するか、カロリーの低いものをたくさん食べることで満腹中枢を刺激するしかありません。

低用量ピルが原因で太るとは限らない

いかがでしたでしょうか。低用量ピルの服用による体重増加の原因と対策をご紹介しました。ピルを飲んだからといって、必ずしも太るわけではありません。また、人によって太ってしまったとしても、原因はわかっているので運動や半身浴など対策をしっかりとれば改善することができます。

太ってしまうという噂だけを怖がって、ピルを飲まずに辛い生理痛などを放っておくと重症子宮内膜症など不妊の原因になる病気に発展してしまう事もあります。大切な女性の身体を望まない妊娠や病気から守るためにも低用量ピルは非常に有効な薬ですので服用が心配なら一度医師とも相談してみることをおすすめします。

低用量ピル 人気ランキング

トリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本の産婦人科で処方率が1番高い低用量ピルになります。

自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている段階型三相性タイプです。

毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠となっています。

ドイツ・バイエル社製

マーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーべロンは、低用量ピルの一つで避妊を目的として処方され、従来のピルに比べてホルモン用量が少なく、体格の小さな日本人にあった低用量ピルです。

生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。

MSD社製

ダイアン35

低用量ピルのダイアン35

ダイアン35は、体格の小柄なアジア人女性向けに作られた副作用の少ない低用量避妊薬です。

避妊のみならず、ニキビや多毛症の治療、 バストアップやアンチエイジングにも効果があるといわれているオススメの医薬品です。

ドイツ・バイエル社製

-低用量ピルの副作用

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.