低用量ピルの購入方法

低用量ピルを入手する方法とは?病院・通販・個人輸入代行どれがお得?

投稿日:2017年3月8日 更新日:

低用量ピルを購入する場合、その購入方法は、いくつかに分かれてきます。まず、一つ目が病院に行き医師の処方の元購入する方法。次に通販で購入する事ができる低用量ピルに絞って低用量ピルを選び購入する方法。そして、最後が個人輸入代行を利用し個人で海外から低用量ピルを輸入するといった3つの方法になっています。

これら3つの方法はそれぞれにメリット・デメリットが考えられる為、自分にとってどの購入方法が最もお得な方法なのか確認した上で、購入する事が大切です。

低用量ピルを病院で入手するメリット・デメリット

低用量ピルを病院で入手するメリットと言えば、やはり医師の処方の元と言う安心感になっています。低用量ピルの場合、人によってはあまりお勧めする事ができな薬品の一つでもあります。高血圧の人や肥満の人。また、40歳以上の人などは血栓症のリスクなども高まる為、医師の判断も大切になってきます。そういった点から考え、自分は本当に低用量ピルを使用しても大丈夫な体なのかなどを判断し、処方してもらう事ができると言う点において病院での入手方法は非常に安心なものになっています。また万が一、体に異変が起こった場合もすぐに対応が可能になってきます。

その一方、デメリットとしては料金にあります。低用量ピルの場合、病気などの症状がないのであれば基本的に保険適用外の自費診療になってきます。その為、診察代・薬代を合わせると決して安いものではありません。その費用の負担が大きい事から、病院での低用量ピルの購入を控える人も少なくありません。

低用量ピルを通販で入手するメリット・デメリット

通販を見る女性
低用量ピルの場合、通販でも購入が可能になっています。主にネットでの通販で購入する事が可能で、「低用量ピル 通販」と打ち込むことで、多くの低用量ピルを検索する事ができ、一覧でたくさんの通販可能な低用量ピルを見る事ができるようになっています。その為、その中から自分の条件にあった低用量ピルを選ぶ事も可能です。その場合、成分や飲み方・効果などを確認し、比較検討すると良いかと思います。

そんな通販での低用量ピルの購入方法ですが、注意しなければいけないのが低用量ピルの場合、飲み方に注意が必要な種類があると言うところです。病院で処方される場合は、飲み方などにおいても直接説明を受ける事ができるかと思います。しかし、通販の場合は自分で飲み方なども確認しなければいけない為、説明書きなどはしっかりと目を通しておく事をお勧めします。

低用量ピルを個人輸入代行で入スするメリット・デメリット

個人輸入代行とは、自分で海外から薬を輸入する方法になっています。低用量ピルの場合、個人輸入代行でも購入可能な薬になっている為、タイやシンガポールなどから輸入する事が可能になっています。一見、通販での購入と個人輸入代行を比較した場合、さほど違いがないように思えるかも知れません。通販も個人輸入代行もネットで購入することから考えると、違いが分かりにくい事も多くなっています。しかし、大きな違いは通販の場合、日本で販売されているものしか購入する事ができないと言う点にあり、個人輸入代行の場合は、海外のみで購入されているようなものでも購入が可能な点にあります。その為、多くの種類の中から低用量ピルを選ぶ事が可能になっています。
ただし個人輸入代行の場合、海外からの購入となるため、全て自己責任となります。また到着までに時間がかかる場合もある為注意が必要です。

低用量ピルはドラックストアなどでは売っていないの?

低用量ピルの場合、残念ながらドラックストアなどでは購入する事ができません。その為、低用量ピルを購入する際は、病院、通販、個人輸入代行の3つの中から選ぶ事が必要になってきます。

まとめ

クリニックのイメージ
以上のように低用量ピルの購入を考える場合は、ドラックストアなどでの購入ではなく、病院、通販、個人輸入代行の3つの中から、自分にあった入手方法を選び、購入する事が大切になってきます。それぞれの購入方法には、メリット、デメリットがある為、必ずその点において確認しておく事が大切です。

特に通販や個人輸入代行での購入は、自己責任での購入になってきます。その為、その低用量ピルがどんなものなのか?また、どんな副作用の危険があるのかなどを確認し、少しでも、気になる症状が現れた場合は、通販や個人輸入代行で購入したとしても、迷わず病院に受診する事をお勧めします。とは言ってもほとんどの場合、副作用は軽い腹痛や頭痛、倦怠感などになっている為、様子を見る事で回復する事が多くなっています。また、長期的に低用量ピルを使用する人の中には、初めは病院で購入し、その後同じものを通販や個人輸入代行を使用して購入する人も多く、購入方法の使い分けをしている人も多くなっています。

低用量ピル 人気ランキング

トリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本の産婦人科で処方率が1番高い低用量ピルになります。

自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている段階型三相性タイプです。

毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠となっています。

ドイツ・バイエル社製

マーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーべロンは、低用量ピルの一つで避妊を目的として処方され、従来のピルに比べてホルモン用量が少なく、体格の小さな日本人にあった低用量ピルです。

生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。

MSD社製

ダイアン35

低用量ピルのダイアン35

ダイアン35は、体格の小柄なアジア人女性向けに作られた副作用の少ない低用量避妊薬です。

避妊のみならず、ニキビや多毛症の治療、 バストアップやアンチエイジングにも効果があるといわれているオススメの医薬品です。

ドイツ・バイエル社製

-低用量ピルの購入方法
-, ,

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.