低用量ピルの効果

低用量ピル(OC)の副効用とは?生理前のイライラや生理痛を軽減

投稿日:2017年3月16日 更新日:

女性の中には、月に一度の生理の悩みを持っている方も多くいるでしょう。生理前後の女性の体は、とても繊細で複雑です。生理痛や量の悩みから、生理前に出やすくなるPMS(月経前症候群)があります。PMSはイライラしたり、感情のコントロールが取れなくなってしまいます。中には、家族に当たってしまう、訳もなく悲観的になってしまう、家事や仕事に集中できなくなってしまうなど本人はとても辛い症状です。本人のみならず、常にイライラしている姿を目の当たりにするのは、一緒に暮らしている近しい人達にとっても、辛い時期になりかねません。辛いPMSの症状を緩和する為に、最近では低用量ピルの副効用の存在が注目を集めています。

低用量ピルには避妊薬だけじゃない副効用がある

多くの薬
きっと多くの人が、低用量ピルは避妊薬という認識を持っていると思います。低用量経口避妊薬(通称OC)とも呼ばれる低用量ピルの代表的な目的は、避妊薬と言っても間違えではありませんが、実は低用量ピルには幾つかの副効用があります。

卵巣は毎月の生理の度に、排卵を繰り返します。しかし排卵の度に卵巣はダメージを受けています。低用量ピルは、服用する事で排卵が止まります。排卵が止まる事で、卵巣が休息を取る事が出来るようになります。それに伴い、生理痛の軽減・血量の減少・貧血の改善生理不順の改善や生理開始日の変更などの副効用があります。そして最近では強い生理痛や、辛いPMSの改善の為の治療として、低用量ピルを処方するクリニックや病院が増えてきています。

低用量ピルの副効用によって、PMSが改善される

低用量ピルの服用によって出血量も減り、生理痛も軽減されます。女性にとって、毎月、憂鬱で仕方ない生理痛の軽減がされるだけでもストレスが減ります。そして生理前のイライラやPMSの症状も軽減されます。イライラが軽減されればストレスを大幅に減らす事が出来て、肌荒れやニキビの改善にも繋がります。PMSの症状が強く、悩んでいた女性がクリニックを訪れて低用量ピルを進められて、初めて低用量ピルを飲み始めたという方も年々、増えています。服用前は不安を持ちながらも、生理痛の軽減などの副効用を実感できてからは、不安から安心へと変える事が出来たという、女性が多くいます。

服用後どれくらいで効果が出るの?

カレンダー
服用後は、イライラや生理痛の辛さから早く解放されたい!と思いますよね。低用量ピルを服用してから、どれくらいで効果が出るかは個人差があります。3か月程度かけて少しずつ効果を実感できる人、服用後から次の生理開始までに効果を実感できる人など様々です。

低用量ピルを服用の際に気を付けたい事

低用量ピルは毎日服用する薬です。なので、飲み忘れがないよう気をつけなければなりません。低用量ピルにも副作用もあります。平均して服用後1~3か月の間に、頭痛や倦怠感などを感じる人もいます。人によっては、低用量ピルの副効用よりも、頭痛などの副作用の方が上回ってしまう人もいます。その場合には、処方された医師に相談をしましょう。PMSでも低用量ピルを服用できないケースもあります。乳ガン・子宮内膜ガンの疑いがある人は服用する事が出来ません。妊娠中や授乳中の人、35歳以上で1日15本以上の喫煙がある人も服用できません。低用量ピルを処方してもらう際には医師としっかり相談する必要があります。

上手に低用量ピルと付き合う事でPMSの症状を緩和できる

看護師が説明をする動作
女性特有の生理に関係する副効用が、低用量ピルには期待出来る事がわかりましたね。毎月訪れる生理痛やイライラは、女性が思っている以上に女性の心身にストレスや負担をかけています。毎月のものだから仕方ない、と諦める前に辛い症状が続く場合には、一度クリニックを訪れてみる事を、お勧めします。

低用量ピルの処方には医師の処方箋が必要なので、クリニックに行く必要があります。その場ですぐに服用するかを決めなくても、副効用と副作用について気になる事は質問する事も出来ますよね。そしてクリニックでは安心して服用していく為に、服用後も定期的に血液検査が行われています。服用中の体に、問題が無いかを確認する検査です。初めての服用の時には、低用量ピルの副効用への期待よりも不安の方が強くなってしまうのは自然な事です。そのため気になる体の変化などは、その都度、医師に相談して不安を減らしていきましょう。そうしていけば、きっと女性の強い味方になってくれるはずです。

上手に低用量ピルと付き合っていく事が出来れば、女性にとって嬉しい副効用も実感できます。これまでは生理痛のせいで、生理の時期には外出の予定を入れられなかった、仕事に集中できなかったという女性の悩みが軽減されていく事でしょう。生理痛のストレスや負担から解放されれば、毎日も生理周期だって快適に過ごしていく事が出来ますね。そうなれば一緒に暮らす家族、大切な人達も笑顔で暮らしていける事でしょう。

低用量ピル 人気ランキング

トリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本の産婦人科で処方率が1番高い低用量ピルになります。

自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている段階型三相性タイプです。

毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠となっています。

ドイツ・バイエル社製

マーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーべロンは、低用量ピルの一つで避妊を目的として処方され、従来のピルに比べてホルモン用量が少なく、体格の小さな日本人にあった低用量ピルです。

生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。

MSD社製

ダイアン35

低用量ピルのダイアン35

ダイアン35は、体格の小柄なアジア人女性向けに作られた副作用の少ない低用量避妊薬です。

避妊のみならず、ニキビや多毛症の治療、 バストアップやアンチエイジングにも効果があるといわれているオススメの医薬品です。

ドイツ・バイエル社製

-低用量ピルの効果
-,

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.