低用量ピルの効果

低用量ピルで避妊に失敗することってあるの?

投稿日:

女性が自らできる避妊方法のひとつに、低用量ピル(OC)があります。

100%に近い確率で妊娠が回避できる錠剤ですが、それでもやはり失敗して身ごもってしまうことがあるようです。

どのような状況で避妊に失敗するのかをまとめました。
避妊方法の中でもかなり高い確率で妊娠が防げるピルですが、少しでも失敗率を上げないような対策も見ておきましょう。

低用量ピル(OC)で妊娠が防げる理由

低用量ピルで避妊ができる理由

・排卵抑制
・受精卵の着床防止
・子宮頸管の粘膜を変化させる

OCには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれています。

この2つの女性ホルモンは、妊娠をすると体内に多く分泌されます。
その仕組みを利用して、低用量ピル(OC)を通して2つのホルモンを体内に取り入れることで、脳に妊娠していると勘違いさせて排卵を抑制させるのです。

排卵が完了している場合でも、子宮内膜が厚くなるのを抑制して着床しにくくしてくれます。

体内のホルモンバランスを操作する以外にも、低用量ピル(OC)は精子が子宮に到達しにくくする作用も持っています。

避妊成功率(1年を通して避妊法を行い、妊娠しなかった率)は99.9%と言われており、コンドームの避妊成功率が90%程度であるため、より確実に妊娠を避けることができるのです。

世界には低用量ピル(OC)を飲む女性が多い

コンドーム神話が強く残っているといわれている日本では、いまだに低用量ピル(OC)よりコンドームの方が普及しているのをご存じでしょうか。

欧米をはじめとする先進国では、低用量ピルを飲む女性が増えており、オランダではなんと女性の6割が低用量ピルを飲んでいるそうです。
イギリスはさらに高く、女性の低用量ピル人口は7割を超えています。

日本でピルが解禁されたのは1999年のことですが、厚生労働省が避妊薬の普及にあまり積極的ではなかったため、今現在もコンドームでの避妊が主流となっています。

低用量ピル(OC)の正しい服用方法

毎日同じ時間帯に1錠飲むことで、99.9%の妊娠防止効果を維持できます
食前や食後など、食事のタイミングに関わらず、一度決めた時間をなるべく守ることが大切です。

飲み始めは通常生理初日にシートの1錠目を飲んでスタートします。
生理の途中にスタートしても、その2週間後に効き目を得られるようです。
生理開始日から8日が過ぎてしまった場合には、次の生理まで待つ必要があります。

誤って妊娠してしまうことってあるの?

低容量ピルで失敗

99.9%の確率で避妊に成功するとはいえ、失敗する要因があればもちろんその数字は下がってしまいます。

ここでは、避妊失敗に繋がる可能性のある要因を挙げていきます。

飲み忘れ

飲み忘れてからそれほど時間がたっていない状態であれば、再度飲むことで効き目が維持できます。

前回の服用時間から24時間を経過していなければ、その場で1粒飲むことで効き目が持続するといわれています。
もし24時間を越えてしまっても、2粒飲めばOKです。

しかし、飲み忘れて48時間(2日)以上経過してしまっている際には、ピルの効き目は得られないため、服用を注意する必要があります。

吐き出してしまった

何羅かの原因で飲んだ直後に嘔吐してしまった場合は、成分が十分に吸収されないまま体外に出てしまった可能性があります。

この場合は、12時間(半日)以内にもう1錠飲むと大丈夫です。

すでに妊娠している

すでに妊娠が成立している場合、ピルはまったく効き目を発揮しません
妊娠していることに気づかなくてピルを摂取し続けても、奇形性などに影響はないとされていますが、絶対に安全だとは言い切れません。

すでに妊娠している疑いがある場合は、ピルを飲む前に妊娠検査を受けることをお勧めします。

ひどくお腹を下している

胃腸の調子が悪くて、下痢に悩まされている女性は多くいます。
軟便程度なら問題ありませんが、ひどい下痢が止まない場合は、知らずしらずのうちに低用量ピルの成分が外に出ていっているかもしれません

下痢が続いている場合は、他の避妊方法を併用しながら、お腹を冷やさないようにしましょう。

飲み合わせが悪い薬を使用している

風邪薬や胃薬などは飲み合わせても問題ないとされていますが、てんかんの薬や抗アレルギー薬などは飲み合わせが悪く、低用量ピル(OC)の効き目が半減する可能性があります

いずれかを飲んでいる場合は、コンドームや殺精子剤など、その他の避妊方法を使いましょう。

低用量ピルを購入する際には、病院で医師に飲んでいるお薬の種類を伝えるか、通販サイトの商品ページに記載されている注意事項をしっかり読むことをおすすめします。

飲んでいる錠剤が偽薬

病院で処方される低用量ピルは本物だという保証があるので心配要りませんが、通販サイトで販売されている錠剤なら偽薬の可能性が少なからず疑われます。

低用量ピルを取り扱っている販売業者の中には、詐欺行為を働く業者が存在しているため、低用量ピルだと謳っておきながら、まったく避妊の効き目がない薬剤を提供しているかもしれないのです。

気づかないうちに避妊効き目のない錠剤を飲んでいる場合は、もちろん妊娠する可能性はおおいにあります。

偽薬を飲まないように、低用量ピルを通販サイトで購入する際には信頼性の高い販売業者から購入するようにしましょう

低用量ピル(OC)の効き目がまだ現れていなかった

低用量ピルの効き目が発揮され始めるのは、服用を開始して7日後が目安です
飲んだその日から99.9%避妊に成功するというわけではありません。

飲んですぐに他の避妊方法を用いずにセックスしてしまうと、効き目が現れる前に妊娠してしまう可能性がありますので、最低7日間はコンドームなど他の避妊方法を用いるようにしましょう。

それでも失敗するのが怖い!

どんなに気を付けていても、避妊成功率99.9%ということは1,000人に1人の割合で身ごもってしまう計算になります。

低用量ピルは避妊方法の中ではもっとも成功率が高い方法ですが、それでも妊娠してしまわないか心配な場合には、コンドームなど他の避妊方法と併用するとより確実に避妊を成功させることができます。

偽薬をもらわないようにするには?

偽薬をもらわないようにするには?

通販サイトでだまされて偽薬を送りつけられないようにするには、下記の点に注意しながら通販サイトを選びましょう。

信頼できる通販サイトの基準

・お問い合わせフォーム(カスタマーサービス)を設置しているか
・保障制度を設けているか
・特定商取引法についてサイト内で記載しているか

この3点がきちんとできている業者なら、安心して取引することができるでしょう。
お問い合わせフォーム(カスタマーサービス)は、なるべく電話とメール両方を記載しているところが良いでしょう。
メールのみだと、苦情やクレームなどを無視する可能性が高いからです。

なお、下痢やおう吐などで成分が吸収されなかったことも考えて、通販サイトで複数購入しておくとより安心です。

他に注意すべき点は?

ピルを飲み始めて出血が2ヶ月以上来ない場合は、妊娠の疑いが否定できませんので、妊娠検査を受けることをおすすめします

なお、低用量ピルを飲んでいても避妊はできますが、性感染症(STD)の予防はできません
信頼できるパートナーのみと関係をもっていても、定期的に性病の検査を受けるのが良いでしょう。

これって妊娠初期症状?!

ピルを飲み始めたばかりの頃、乳房の張りや不正出血、貧血など妊娠初期のような症状が現れることがあります。

これらはホルモンバランスの影響で起こり、必ずしも妊娠しているとは限らないので安心してください。
またずっと続くわけではなく、次第になくなっていくでしょう。

低用量ピル 人気ランキング

トリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本の産婦人科で処方率が1番高い低用量ピルになります。

自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている段階型三相性タイプです。

毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠となっています。

ドイツ・バイエル社製

マーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーべロンは、低用量ピルの一つで避妊を目的として処方され、従来のピルに比べてホルモン用量が少なく、体格の小さな日本人にあった低用量ピルです。

生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。

MSD社製

ダイアン35

低用量ピルのダイアン35

ダイアン35は、体格の小柄なアジア人女性向けに作られた副作用の少ない低用量避妊薬です。

避妊のみならず、ニキビや多毛症の治療、 バストアップやアンチエイジングにも効果があるといわれているオススメの医薬品です。

ドイツ・バイエル社製

-低用量ピルの効果
-,

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.