低用量ピルの効果

低用量ピルのメリット・デメリットを知って上手に付き合う

投稿日:

妊娠を希望していなかったり望まない妊娠を避ける為など、代表的な理由の他にも生理不順・生理に関するトラブルも緩和してくれる効果のある低用量ピル。服用するのは初めてという方は特に不安な気持ちになる方も多いでしょう。人は初めての事や知らない事には、不安や恐怖を感じると言います。しかし、メリット・デメリットの両方を知っておけば、上手に付き合っていく事ができるようになれるでしょう。低用量ピルは、女性の体の強い味方になってくれる存在です。

低用量ピルの副作用は?

減少を表す棒グラフ
経口避妊薬であるピル。以前までは、中用量ピルのみだけでした。中用量ピルにはホルモン剤が大量に含まれています。その為、服用後の副作用が強く出てしまう事で知られていました。一方、低用量ピルに含まれるホルモン剤の量は、中用量ピルと比べて5分の1から10分の1までに減っています。なので副作用が少ないのが特徴です。最近では低用量ピルを扱う病院やクリニックが、多くなってきています。

服用する事で得られるメリットは?

低用量ピルの効果は、一般的に知られている避妊の目的だけではありません。その他にも、得られるメリットがあります。生理痛の軽減・PMS症状の緩和・月経量の減少などのメリットがあります。女性特有の生理のトラブルに悩んでいる方も多くいますよね。
特に毎日忙しく家事や仕事などに追われている女性にとって、生理トラブルの悩みが解消されれば体は勿論ですが、心の負担やストレスも減らす事ができます。この他にも、貧血の改善やリウマチの症状の緩和にも効果が期待できるというメリットもあります。

低用量ピルは様々な予防対策も出来る

元気な主婦
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が含まれている低用量ピルは、血中のホルモンが増えます。その情報が脳の視床下部に伝わり「排卵後のホルモン状態」と判断される為、排卵が抑えらえます。排卵が抑えられれば、排卵による卵巣の損傷が減る事で卵巣のう種や卵巣がんになるリスクが減ります。低用量ピルを服用する事で、子宮頸管粘液が変化するので精子のみならず、細菌やウィルスなどの子宮への進入を防ぎます。

それは不妊の原因にもなる、骨盤内感染症などの病気にかかりにくくなります。他にも、子宮体がんや乳房良性疾患などの予防にも効果を発揮します。長期的に服用する事で、婦人科系の病気の予防や対策が出来るのは、低用量ピルの大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットは?

デメリットとなるのは、服用開始から1~2か月の間に起こる副作用の症状です。ホルモン量の少ない低用量ピルではありますが、服用後この期間には、副作用を起こす方が多くいます。副作用の種類は、吐き気や倦怠感、乳房が張る、不正出血、頭痛などの症状があります。しかし副作用には個人差があり、低用量ピルを服用してから以前より体調が良くなったという方もいます。通常、1~2か月で副作用の症状は治まります。

そしてもう一つのデメリットは費用です。病気に必要とはされない為、低用量ピルは保険が適応されないので自己負担額が多くなります。病院やクリニックで処方してもらう際には、初診料や診察料なども処方料金に加わります。平均的な低用量ピルの値段は、一か月分で3.000円~5.000円です。低用量ピルが体に慣れるまでに、めまいや吐き気の症状が血栓症のリスクを高める事もあります。
その為クリニックによっては、安心して服用していく為に、定期的な検診を行う場合もあるので検診代も必要になる場合もあります。服用を続けていくには、費用がかかるという点がデメリットとになるでしょう。

低用量ピルと上手に付き合う為に

青い空と芝生
生理が始まる思春期から低用量ピルは服用する事が出来ます。デメリットでもある費用の面では、クリニックによっては学割を用意している所もあります。世界中で使われているピルは低用量ピルです。日本では1999年に解禁されてから使用できるようになりました。使用する際には、医師の処方箋が必要になります。市販はされていないので、低用量ピルを始める時には、必ず病院に行く事になります。必要な時期に服用を続け、のちに妊娠を希望する時期がきたら、その時には服用をやめる事も出来ます。低用量ピルには、メリットもデメリットも両方あります。

得られるメリットでは、女性が忙しい日常も、快適に過ごしていけるように手助けをしてくれる事ばかりです。快適に過ごせるようになれば日常的なストレスも、減らせますよね。デメリットを、服用する前に知っておく事でデメリットに直面した時にでも、心に余裕を持ち、対処する事ができるようになれます。処方してもらう際にも、病院の医師に気になる事は質問をして、処方していく上での不安を少なくしていけば低用量ピルと上手に付き合っていけるようになれます。上手に付き合っていければ得られる効果も多くなり、デメリットもメリットへと変えていく事ができるでしょう。

低用量ピル 人気ランキング

トリキュラー

低用量ピルのトリキュラー

トリキュラーは、日本の産婦人科で処方率が1番高い低用量ピルになります。

自然なホルモン分泌パターンに似せて薬のホルモン量を低く抑えている段階型三相性タイプです。

毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止)のプラセボ(偽薬)付き28錠となっています。

ドイツ・バイエル社製

マーベロン

低用量ピルのマーベロン

マーべロンは、低用量ピルの一つで避妊を目的として処方され、従来のピルに比べてホルモン用量が少なく、体格の小さな日本人にあった低用量ピルです。

生理痛・生理不順でお悩みの方にもオススメの医薬品です。

MSD社製

ダイアン35

低用量ピルのダイアン35

ダイアン35は、体格の小柄なアジア人女性向けに作られた副作用の少ない低用量避妊薬です。

避妊のみならず、ニキビや多毛症の治療、 バストアップやアンチエイジングにも効果があるといわれているオススメの医薬品です。

ドイツ・バイエル社製

-低用量ピルの効果
-, ,

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.