「低用量ピルの副作用」 一覧

お腹を抑えて倒れている人形
低用量ピルは、日本では1999年に医薬品として認可された経口避妊薬です。服用することでさまざまなメリットがありますが、ホルモン剤のため副作用が起きるリスクもあります。低用量ピルを飲むことで起きやすい副作用と、その対処法について詳しく見ていきましょう。

低用量ピルで起きやすい副作用について知っておこう

ピルは含まれている女性ホルモンの量によって高用量・中用量・低用量・超低用量に分かれます。もともと使われていた高用量・中用量タイプはホルモン量が多く、その分副作用も重いものでした。そのため、現在でもピルというと「なんだか怖い」「副作用がつらそう」というイメージが強いのです。

現在主流である低用量ピルは、ホルモン量を低めに抑えることで副作用が出にくくなっています。しかし、副作用が出やすい体質や持病、注意しなければいけない飲み合わせなどがある上、そもそもピルを使ってはいけない人もいます。このようなリスクを知った上で、正しく使用することが大切なんですね。

低用量ピルで起きやすい副作用とは?

低用量ピルを飲むことで起きやすい副作用のうち、もっとも有名なものが血栓症です。ほかにもピルの飲み始めに起きやすい症状があり、総称してマイナートラブルと呼ばれます。代表的な副作用には次のようなものがあります。

・血栓症・不正出血・肝機能障害・心臓への影響・子宮筋腫
・むくみ・体重の増加・乳房の張りや痛み・頭痛・吐き気
・下痢、便秘・眠気・うつ・抜け毛

それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

低用量ピルで起きやすい副作用1・血栓症

低用量ピルを服用するにあたって、もっとも注意したいのが血栓症です。過去には「ヤーズ」での死亡例も出ており、ガイドラインでも注意を喚起しています。

血栓症ってどんなもの?

固まっている氷柱
血栓症は、血液が固まりやすくなって血管を塞ぎ、足や胸などに強い痛みが出る病気です。低用量ピルに含まれているエストロゲンの血液を固める作用によって、血栓症にかかるリスクが高まります。

血栓症の発症リスクは、ピルを服用しない場合で1万人に1人から5人、ピルを服用した場合で3人から9人と、特に大きな差はありません。血栓症のリスクはむしろ妊娠中に高くなり、妊娠している女性の場合は1万人に20人から30人にまで増えます。しかし、ピルを服用する人が喫煙者・肥満・高齢の場合は、発症リスクはさらに高くなるため注意が必要です。

血栓症の前ぶれ症状

血栓症は、重症化してしまうと治療が必要になるだけでなく、死亡に至るケースもあります。次のような前ぶれ症状があれば、早いうちに対処することが大切です。

・ふくらはぎに強い痛みがある(片脚のみが多い)・ふくらはぎがむくむ
・押しつぶされるような胸の痛みがある
・息切れがある・突然激しい頭痛がする・半身のしびれ、脱力感がある
・舌がもつれる・目がかすむ・むくみによる体重の増加

低用量ピルで起きやすい副作用2・病気にかかるリスクの増加

低用量ピルを飲むことで、悪い影響を受けやすい病気も存在します。具体的には次のようなものがあります。

肝機能障害

お腹を抑える女性
肝臓は主に全身の代謝に関わっており、目に見える症状が出にくいため「沈黙の臓器」とも呼ばれます。肝機能障害とは、脂肪肝・肝炎・肝硬変などの総称です。低用量ピルはホルモン剤なので、その代謝は肝臓で行われます。ピルを飲み続けることで肝臓に負担がかかり、さまざまな障害を引き起こす可能性があるのです。

子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮の筋肉に腫瘍ができる病気です。出血量が多い・不正出血がある・生理痛が強いといった症状が出ます。ほとんどが良性で命にかかわることはありませんが、できる場所によっては不妊の原因になることも。子宮筋腫は女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けて大きくなるため、子宮筋腫がある人は服用に注意が必要です。

心臓・脳の疾患

高血圧がある場合は血栓が発生しやすく、心臓や脳へのリスクが高まります。また、もともと心臓や脳に疾患がある場合は服用できないこともあります。

低用量ピルで起きやすい副作用3・不正出血

これまでのバランスを意味する天秤
低用量ピルを飲み始めてから数ヶ月の間は、ホルモンバランスがこれまでと大きく変化する時期。そのため不正出血が起きやすく、全体の2割〜3割が経験すると言われています。

低用量ピルで不正出血が起きやすい理由とは

一般的に、低用量ピルは生理の開始と同時に飲み始めます。生理の元である子宮内膜がその時点で剥がれきらないと、だらだらと不正出血が続く原因になります。さらにピルの飲み忘れや、生理周期をずらすために飲み方を変えた場合も起きやすいでしょう。

低用量ピルで不正出血が起きたときは

もしピルを飲み始めたばかりなら、不正出血が起きてもそのシートの分は飲み続けるようにしましょう。ホルモンバランスの変化によって起こっているものを、飲むのを急に止めるとさらなる乱れにつながりかねません。2シート目でも不正出血が続いたり、だらだらと1週間以上出血が続いたりした場合は、病院で相談するようにしてください。
低用量ピルで起きやすい副作用4・さまざまなマイナートラブル

低用量ピルを飲み始めたことで、ホルモンバランスの変化に体が対応しきれず、さまざまな症状が出ることをマイナートラブルといいます。

低用量ピルで起きやすいマイナートラブルとは?

マイナートラブルは、ピルを飲み始めてから数ヶ月の間によくみられます。ピルは一般的には生理開始日から飲み始めますが、通常の生理後というとホルモン量がもっとも少ない時期です。ピルによって突然体内のホルモン量が増えることで、頭痛や吐き気といった症状が出るのです。それでは、よくあるマイナートラブルについて見ていきましょう。

むくみ

むくんでいる足
女性ホルモンであるエストロゲンは保水力が高く、体内で水分を溜め込む作用があります。そのため、エストロゲンの増加によってむくみを感じやすくなります。

体重の増加

「ピルを飲むと太りやすい」という噂をよく聞きますが、ピルそのものに太る作用があるわけではありません。低用量ピルを飲んでいると、体内のホルモンは妊娠しているときと同じ状態になります。赤ちゃんを守ろうとする働きによって、体は水分や栄養分を体に溜め込もうとするため、1〜2kg程度体重が増加することはよくあります。ただし、ピルの種類によっては食欲が増進して体重増加につながることも。その場合は種類の変更を検討しましょう。

乳房の張りや痛み

生理前に胸が張るのと同じように、ホルモンの影響で乳房が張ったり、痛みが出たりします。

頭痛

ホルモンバランスが変化することで脳の血管が拡張し、頭痛が起きやすくなります。また、ホルモンバランスは自律神経にも影響を与えます。エストロゲンの低下によって脳内物質のセロトニンが減少すると、鎮静作用が弱まって頭痛が出る原因になるのです。

吐き気

吐き気のある女性
体が妊娠時と同じ状態になることで、つわりに似た吐き気が出ることがあります。つわりの症状は風邪に似ているともいわれ、頭痛や吐き気、全身の倦怠感などが強く出る人もいます。

下痢・便秘

ホルモンバランスの乱れは、胃腸機能にも影響を及ぼします。下痢や便秘が起きやすくなる人も。

眠気

まれに眠気が強く出る人もいます。これは、妊娠中はプロゲステロンの分泌が増えて眠気が出やすく、ピルを飲むことで似たような状態になるためです。もし日常生活に支障が出るようなら、寝る前に服用するようにしましょう。

うつ

ひきこもっている女性
医学的には解明されていませんが、まれにうつ症状が出ることもあります。ホルモンバランスの変化によって精神的に不安定になるとも言われています。

抜け毛

低用量ピルには、毛を増やす男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を抑える働きがあります。その影響で一時的に抜け毛が増えることも。その一方で、エストロゲンには髪の毛の成長をうながす作用があるため、ピルをやめるとエストロゲンの急激な低下で抜け毛が増えることもあります。

低用量ピルで副作用を起こさないために

ピルにはさまざまな副作用があることがわかりました。では、副作用を起こさないためにはどう対処したらいいのでしょうか?

低用量ピルの副作用はどのぐらい続く?

低用量ピルでまったく副作用が起きない人もいれば、半年間症状が続くという人もいて、症状は千差万別です。しかし、飲み続けることで体が慣れ、ホルモンバランスが整うことで、1ヶ月〜3ヶ月の間にほとんどが消失します。

ピルの処方は基本的に1シートずつで、慣れるまではピルが体に合うかどうかを見ながら使っていくことになります。基本的には2シート目までは様子をみるのがおすすめですが、もし副作用が強く、かつ長く続くようなら、1シート目を飲み終わる前に病院へ行き、2シート目からは種類を変えてもらうようにしましょう。

低用量ピルとほかの薬の飲み合わせを確認しよう

薬の飲み合わせ
低用量ピルで副作用を起こさないためには、ほかの薬との飲み合わせにも注意する必要があります。基本的には胃薬・頭痛薬・胃腸薬と一緒に飲んでも問題はありませんが、薬によっては効果が強く出すぎたり、お互いが効果を弱め合ったりすることがあるからです。それでは、注意が必要な薬や成分を見ていきましょう。

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートはハーブの一種で、抗うつ作用・リラックス作用があることで知られています。PMS(月経前症候群)をやわらげるサプリや、ハーブティーに含まれていることも。ピルの避妊効果が下がるため、一緒に飲むのは控えましょう。

女性ホルモンに似た成分を持つサプリ

チェストツリー・大豆イソフラボン・プラセンタ・プエラリアなど、摂取することで体内で女性ホルモンと似た働きをする成分は摂らないようにしてください。体内のホルモン濃度が強くなりすぎる恐れがあります。

【抗うつ剤】
三環系抗うつ剤といわれるトフラニールやイミプラミンと一緒に摂ると、抗うつ剤の作用が強まってしまう可能性があります。
【抗生物質】
風邪を引いたときなどに処方される抗生物質の中でも、テトラサイクリン系・ペニシリン系の薬と一緒に飲むことはできません。自分でわからなければ、あらかじめ医師や薬剤師にピルを飲んでいることを伝えておきましょう。

あなたは大丈夫?低用量ピルを使えない人もいる

低用量ピルを使うにあたり、日本のガイドラインで服用してはいけないと定められている「絶対的禁忌」と、服用にあたり慎重な判断が必要とされる「相対的禁忌」があります。ここに当てはまれば、検査や問診の結果によっては処方されないこともありえるのです。まずは自分でチェックしてみてください。

低用量ピルの絶対的禁忌

・ホルモン剤過敏症素因がある
・乳がん、子宮がん、子宮筋腫がある
・異常性出血がある
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患がある
・35歳以上で1日15本以上煙草を吸う
・血栓症素因がある
・抗リン脂質抗体症候群がある
・手術後2週間もしくは産後4週間以内である
・1ヶ月以内に大きな手術の予定がある
・重い肝障害や肝腫瘍がある
・脂質代謝異常がある
・高血圧(最高血圧160mmHg・最低血圧95mmHg以上)がある
・耳硬化症がある
・妊娠中および妊娠の可能性がある
・妊娠中に黄疸、持続性そう痒症、妊娠ヘルペスにかかったことがある
・思春期前である
・授乳中である

低用量ピルの相対的禁忌

・40歳以上である
・家族に乳がんの人がいる、乳房に結節がある
・喫煙者である
・肥満である
・家族に血栓症の人がいる
・軽度の高血圧である
・糖尿病および耐糖能異常がある
・ポルフィリン症である
・肝障害がある
・心疾患、腎疾患がある、かかったことがある
・てんかんがある
・テタニー(手足のしびれ)がある

低用量ピルで副作用が出たときの対処法

それでは、低用量ピルの副作用がひどく、なかなかよくならないときはどうしたらいいのでしょうか?副作用が出たときの対処法について見ていきましょう。

まずはかかりつけの病院で医師に相談しよう

医師への相談
低用量ピルで副作用が出た場合、まずはかかりつけの病院で相談してみてください。症状に応じた吐き気止めや出血止めといった対処のほかに、ピルの種類を変えるという方法もあります。また、病院によってピルの取り扱う種類や医師の知識に差があることもあるため、信頼できる病院や医師を見つけることが大切です。低用量ピルは長期間飲み続けることが多いので、家から通いやすい場所にあるとなおいいでしょう。

低用量ピルの種類を変えてみよう

低用量ピルは、含まれるホルモン量によって第一世代〜第三世代まであるほか、21錠タイプや28錠タイプ、一相性や三相性などさまざまな種類があります。薬との相性は人それぞれなので、副作用がひどい場合は種類を変えてみるのも有効です。

超低用量ピルを利用する方法もある

ピルには、低用量よりもさらにホルモン量が少ない超低用量ピルもあります。低用量ピルでどうしても副作用が出る場合、超低用量ピルの使用も検討してみましょう。

低用量ピルを使い続けるために自分でできる対策

せっかくの低用量ピルの効果を、副作用であきらめるのはもったいないですよね。ピルを安全に使い続けるために、自分でできる対策をまとめました。

血栓症予防に努める

ストレッチをする女性
血栓症にはいくつか種類がありますが、低用量ピルの服用で出やすいのは静脈血栓症です。静脈血栓症は、飛行機に長時間乗ることでおきる「エコノミー症候群」でよく知られています。長時間同じ体勢でいることで血液の流れが悪くなって血栓が詰まりやすくなり、ふくらはぎに強い痛みが出るものです。

対策として、デスクワークが多い人はこまめに足を動かすようにし、血液濃度が濃くならないように水分を適度に摂取することも大切です。また、喫煙者やお酒好きの人、冷え性の人は血液の流れが悪く、血栓症リスクが高くなります。軽い運動の習慣をつけるなど、血液をサラサラに保つ生活を心がけましょう。

禁煙する

喫煙も血栓症の大きなリスクとなります。35歳以上で1日15本以上煙草を吸う人はピルの服用ができませんが、喫煙者というだけで処方を嫌がる医師もいるほどです。喫煙者がピルを使うと、血栓症リスクが150倍にも跳ね上がるとも言われており、ピルを飲む上で禁煙は絶対条件といってもいいでしょう。

肥満を解消する

低用量ピルを使う上で、肥満は大きなリスクになります。肥満があると血栓症リスクがあがるため、BMIが30以上の場合は服用できません。

低用量ピルの服用には副作用のリスクも。正しい知識を持とう

勉強している女性
低用量ピルは、病院で問診や血液検査、場合によっては内診を受け、問題がないと判断されてはじめて処方されます。ピルを飲めない人や服用に注意が必要な人もいますが、本当に危険がある場合はその時点で処方されないので、心配しすぎる必要はありません。

どんな薬にも副作用は存在するもの。ピルは適切に使えば、さまざまな症状を軽減してくれる効果が得られます。低用量ピルを服用することで考えられるリスクや副作用についてしっかりと知識を持ち、正しく使っていくことが大切です。

カテゴリ一覧

低用量ピルが太ると言われる謎

常用することで太る?低用量ピルの副作用のナゾ

低用量ピルは、服用することで避妊できるだけではありません。内膜症などで患う激しい生理痛の改善や、月経前症候群の軽減など、女性にとって有益な薬です。 しかし、一方で常用していると太るという噂もあり、敬遠 ...

出血と生理を見分ける4つのポイントイメージ

妊娠超初期症状の着床出血と生理と見分ける4つの重要ポイント

妊娠の超初期症状である着床出血。そんな、着床出血があると言う事すら知らない人も多く、いつもの生理と間違ってしまう人も少なくありません。また妊娠した人、全員に起こるものでもありません。人によっては、上の ...

お腹を抑える女性

低用量ピルの不正出血は飲み忘れか妊娠の可能性!?

避妊する為や月経痛の緩和などを目的として使用している人も多い低用量ピル。薬と言う事で、副作用が全くないとは言えず、腹痛や頭痛、体重増加などを起こす可能性があると言われています。ただし、これらの症状は、 ...

診察を受ける女性

低用量ピル服用で起こりうる血栓症、その検査方法と注意点

低用量ピルを使用する場合、様々な副作用が報告されています。一般的には、頭痛や吐き気、腹痛などの症状のほか体重の増加などがあります。これらは、一時的に起こる事が多く、低用量ピルに使用を続ける事で症状が落 ...

吐き気をもよおしている女性

低用量ピルの副作用に「吐き気」や「がん」の可能性も!

低用量ピルの場合、薬と言う事で多少なりとも副作用が存在します。一般的に副作用として挙げられているのは、吐き気や腹痛や頭痛などの痛みとなっており、症状としてもさほど重いものではないといわれています。また ...

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.