「低用量ピルとは」 一覧

説明をする女性
あなたは、低用量ピルにどんなイメージを持っているでしょうか。避妊に使うもの、副作用が怖い、使い方がよくわからない…そんな人がほとんどかもしれませんね。日本での低用量ピルの普及率は非常に低く、ピル後進国ともいわれています。しかし、低用量ピルは避妊効果があるだけでなく、生理痛やPMS(月経前症候群)の緩和、子宮がんや卵巣がんの予防、子宮内膜症の治療などさまざまな目的に使われる安全な薬なのです。低用量ピルの使い方や得られる効果、種類・購入方法について詳しく見ていきましょう。

低用量ピルの歴史

低用量ピルは、ピルやOC(Oral Contraceptives・オーシー)とも呼ばれる経口避妊薬です。世界中で約1億人の女性が服用しており、ヨーロッパでは4割、アメリカでは3割と高い服用率を誇ります。1960年にアメリカで初めて認可されましたが、当時のピルはホルモン量が多い「高用量ピル」と呼ばれるタイプで、副作用の強さが問題視されていました。

ピル=「なんだか怖い」「副作用が強そう」という声が未だに多いのは、この頃のイメージがあることも原因のひとつです。その後ホルモン量の少ない中用量ピル、低用量ピルが相次いで開発されました。現在日本で使われている低用量ピルはホルモン量を最小限に抑えてあり、副作用のリスクも少ない安全性の高いものです。

日本で低用量ピルが認可されたのは1999年と遅かった上、服用率は3〜5%と先進国の中ではまだまだ遅れていると言えます。最近では一時的に摂取することで妊娠を予防するモーニングアフターピルや、低用量ピルよりもさらにホルモン量を減らした超低用量ピルが登場するなど、時代に合わせて使い方の幅がますます広がってきています。

低用量ピルで得られる効果

色鉛筆
低用量ピルというと避妊目的で使うイメージが強いかもしれません。実はそれだけではなく、体内のホルモン量を調整することでさまざまな効果が得られる薬なのです。

避妊効果

低用量ピルを正しく飲むことによって排卵がおきなくなるため、妊娠をほぼ100%防ぐことができます。日本での避妊方法はコンドームの使用が一般的ですが、女性主体で避妊方法を選べるもっとも確実な方法が低用量ピルです。
ただし、低用量ピルは避妊効果はありますが性感染症を予防することはできません。そのため、基本的には低用量ピルとコンドームの併用が推奨されます。

生理不順や生理痛の改善

キレイなイメージ
低用量ピルを飲むと、毎月一定の間隔で生理(消退出血)が起きるようになります。体内のホルモンバランスが整うことで生理痛や出血量が軽減され、生理前にイライラしやすい・だるい・眠くなるといった症状が出るPMS(月経前症候群)の症状も軽くなるのです。

子宮がん・卵巣がんや子宮内膜症のリスクの低下

排卵は、子宮や卵巣に大きな負担をかけます。低用量ピルの服用によって排卵が抑えられることで、子宮がんや卵巣がんになるリスクが下がります。また、子宮の内膜は生理のたびに膨らんで剥がれ落ちますが、低用量ピルの服用によってその量が少なくなるため、子宮内膜症の予防・治療に効果的です。

ニキビや多毛症の改善

女性の体の中では、女性ホルモンだけではなく男性ホルモンも働いています。男性ホルモンの分泌が増えすぎると、皮脂分泌が過剰になってニキビができやすくなったり、全身の毛が濃くなる多毛症を引き起こしたりすることも。低用量ピルを飲むことで女性ホルモンのバランスが整うと、男性ホルモンの働きが抑えられこれらの症状を改善します。

生理周期をコントロールできる

低用量ピルを服用していると、次に生理が来る日が確実にわかります。そのため、旅行や試験など大事な予定と生理の日が重なってしまう場合は、生理が来る日をずらすことも可能です。

低用量ピルの効果について詳しく知るならこちらへ>>

低用量ピルの購入方法

このように、低用量ピルを飲むと避妊以外にもさまざまな効果が得られます。低用量ピルを購入するには、主に2つの方法があります。

病院で処方してもらう

処方された薬
低用量ピルは、婦人科で処方してもらうのが一般的です。まずは問診で低用量ピルが服用できるかどうかを確認し、血液検査をして異常がなければその場で処方されます。不正出血や生理痛など、何らかの症状があって受診した場合は内診をすることもありますが、ピルの処方だけが目的の場合は問診と血液検査のみで済むことがほとんどです。

低用量ピルにかかる料金は?

低用量ピルは1ヶ月分ごとに処方されます。価格は病院ごとに自由に設定できるためバラバラですが、1,500円〜3,000円程度が一般的です。慣れてきたら3ヶ月分などまとめてもらうことも可能です。初めての場合は初診料や検査料がかかりますが、その後は薬代だけの負担で済みますよ。

通販で購入する

低用量ピルをインターネットで販売しているサイトも存在します。これは海外個人輸入代行サイトと呼ばれるもので、個人での使用目的であれば輸入も可能です。しかし、外国語のパッケージや中身がわからない怪しいものも多く、購入は自己責任となります。初めて低用量ピルを使う場合は、病院で検査を受けてから購入することをおすすめします。

低用量ピルの購入方法について詳しく知るならこちらへ>>

低用量ピルの使い方

それでは、具体的な低用量ピルの使い方について見ていきましょう。

低用量ピルの種類【21錠タイプと28錠タイプ】

低用量ピルは21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。ホルモンが含まれている薬はどちらも21錠で、28錠タイプの残りの7錠は「プラセボ」と呼ばれる中身のない薬です。これは1日1錠飲むクセをつけるためであり効果に違いはないので、自分の使いやすいタイプを選びましょう。

◆一相性と二・三相性◆
さらに含まれるホルモンの配合量によって一相性と二・三相性に分けられます。一相性は21日間で含まれるホルモン量が一定のもの、二・三相性は21日間で含まれるホルモン量が段階的に変化するものです。一相性はどれを飲んでも効果が同じという点で安全ですが、二・三相性のほうが体本来の自然なホルモンバランスに近く、副作用が起きにくいというメリットがあります。

低用量ピルの飲み方

ピルを初めて飲む場合は、生理が始まった日か、決まった曜日から飲み始めます。21日間服用して休薬期間に入ると、その2日〜5日後に生理(消退出血)が起こります。
低用量ピルは1日1錠ずつ、毎日決まった時間に服用します。飲み忘れを防ぐには自分の生活パターンと照らし合わせて、ご飯の時間や寝る時間に合わせるのがおすすめです。携帯電話のアラーム機能を使ってもいいですね。

もし飲み忘れたら?

何かを思い出そうとしている女性
飲み忘れに気づいたのが24時間以内の場合は、気づいた時点で1錠服用します。そしていつも飲んでいる時間に次のピルを飲むようにします。
24時間以上経った場合は効果が得られないのでそのシートの服用はやめ、次の生理が来るのを待って新しいシートを飲み始めます。この間は避妊効果が得られないため、必ずコンドームを使うようにしましょう。

低用量ピルの注意点

正しく使うことでメリットの多い低用量ピルですが、服用にあたって注意しなければならない点もあります。低用量ピルを使えない人や、起きやすい副作用について知っておきましょう。

低用量ピルが使えない人

低用量ピルは誰でも使えるというわけではありません。当てはまるものがないか、あらかじめチェックしてから服用するようにしましょう。心配な場合は必ず医師に相談してください。

・妊娠している。・授乳している。・高血圧がある。・血栓症のリスクが高い。
・35歳以上で1日15本以上タバコを吸う。・思春期前である。
・肝障害、肝腫瘍がある。・心臓弁膜症、糖尿病がある。
・抗リン脂質抗体症候群がある。・前兆をともなう偏頭痛がある。
・乳がん、子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫がある。

低用量ピルで起きやすい副作用とは

低用量ピルを飲み始めると、ホルモンバランスがこれまでと大きく変わるため副作用が出やすくなります。特に起きやすい副作用は不正出血、吐き気、だるさ、頭痛、むくみ、乳房痛、体重の増加などです。このような症状は「マイナートラブル」と呼ばれ、ほとんどは1〜2ヶ月経って体が慣れてくると消失しますが、2ヶ月以上症状が続く場合は病院で相談しましょう。低用量ピルの種類を変えることで改善することもあります。

低用量ピルの副作用について詳しく知るならこちらへ>>

低用量ピルは正しい知識を持って上手に使おう

味方のイメージ
現代女性は仕事に家事・育児にと忙しく、ホルモンバランスが乱れがち。さらに早熟化、晩婚化・少子化によって一生の生理の回数が増え、さまざまな婦人科系疾患にかかるリスクも年々増加しています。そんな中だからこそ、低用量ピルがおすすめです。毎月訪れる生理痛やPMSに悩む人、子宮がんや乳がんのリスクを減らしたい人、確実に避妊したい人には、低用量ピルがきっと役立つはず。正しい知識さえあれば、低用量ピルは決して危険なものではないのです。上手に使うことで、きっとあなたの強い味方になってくれるはずですよ。

カテゴリ一覧

女子力アップの低用量ピルイメージ

通販で安心して買える女性力UPの低用量ピルとは?

低用量ピルと聞くと、避妊効果を得るために使用する人や生理痛などの改善のために使用するイメージが強いかと思います。もちろん、これらにおいて絶大な効果があると言われている低用量ピル。その為、これらを目的と ...

本と花

低用量ピルとは?避妊効果と生理への影響、種類、飲み方、値段は?

エッチをした後に、生理がなかなか来ない、こんな不安を覚えた経験はありませんか?いくら大好きな彼とのエッチだとしても、子供ができたら大変なことに。せっかく愛し合っているのに、予期せぬ出来事に困惑すること ...

Copyright© 低用量ピル通販.net , 2017 AllRights Reserved.